女性の薄毛の原因を紹介

女性の薄毛の原因を紹介しています

月別: 2016年10月

女性の薄毛の特徴

毛の生え方女性の薄毛と一口にいっても、種類は様々です。いくつかの種類に分けられますが、その一つに瀰漫性脱毛症があります。これは髪の毛の全体が薄くなっていき、頭頂部や分け目の皮膚が見えてしまうもので、女性の中でも多くみられる事のある脱毛症です。これは更年期の前後にみられる事が多く、ホルモンバランスが乱れたり、ストレスだったりする事が原因で起こる事があります。

次に粃糠性脱毛症がありますが、これはフケが毛穴を塞いでしまい、それが原因で炎症が起こって髪の毛がしっかりと成長できなくなるために起こる薄毛です。頭皮を無理に洗い、炒めてしまうと起こる事があります。次に分娩後脱毛症があり、これは妊娠後期にある女性ホルモンの乱れによって、髪の毛の周期が休止期に入り、抜け毛が増えてしまうために起こるものです。

最後に、牽引性脱毛症です。これは髪の一部分を引っ張ってしまっている髪型をしてしまう事で、その部分の抜け毛が目立ってしまうものです。例としては、ポニーテールなどの髪型が主にあげられ、同じ髪型を長期的に続けていると薄毛が起こってしまう事があります。これは髪型を定期的に変える事によって、薄毛を未然に防ぐ事ができるようになります。

女性型脱毛症とは

毛男性にみられる事のある薄毛の症状は男性型脱毛症といわれます。それに対して、女性にみられる薄毛の原因に、女性型脱毛症があります。これは男性の薄毛とは違う症状がみられるものです。男性の薄毛は生え際や後頭部から薄くなるのが主な特徴としてあげられます。女性の脱毛症の場合、前頭部から髪の毛のコシやハリがなくなってきて、細くなっていきます。髪の毛による密度が少なくなる為に、頭皮が透けて見えてしまうようになるのです。

気づくタイミングとしては、分け目から目立つようになり、自覚される事があります。男性型のように、生え際から髪の毛が後退していくような症状は女性にはあまりみられません。女性型脱毛症が起こる原因としては主に加齢と女性ホルモンの低下、そして遺伝的なものが考えられます。加齢によって毛包の構造が変わると薄毛が起こってしまう場合があります。また、女性ホルモンが原因のものは、加齢に伴ってエストロゲンの分泌量が減少してしまい、40代頃には男性ホルモンの方が多くなる事がみられ、薄毛がみられる場合があります。さらに、女性のヘアケアの方法が誤って行われていると、それが頭皮などに負担を与えてしまい、結果的に薄毛を引き起こす場合があります。

女性の薄毛について

髪の毛薄毛というと、比較的男性にみられる症状と思われがちですが、実際には男性に限った症状ではありません。女性の中にも薄毛に悩まされている方は少なくありません。当サイトでは女性の薄毛について紹介しています。

男性の場合、AGAなどの男性型脱毛症として知られることがあり、その薄毛の特徴としては前髪の生え際から後退していったり、後頭部のつむじ付近から薄くなっていったりすることがあります。しかし女性の場合、男性のような薄くなりかたではありません。女性の場合には全体的に薄くなっていく症状がみられやすく、例えば分け目の部分から頭皮が見えやすいといった症状がみられるのです。この原因は様々ですが、加齢やホルモンバランスの関係があるなど、人によってなぜ薄毛になるのかということについては異なります。

さらに、女性の薄毛に関しては、原因はいくつかに分かれます。例えば頭皮の毛穴に炎症を起こしてしまっているがために、抜け毛が起こってしまうこともあれば、髪の毛をしばって、引っ張っている状態にしているために、薄くなってしまうこと、そしてホルモンバランスなどの関係で薄くなるなど様々です。女性の薄毛に関しては、日常生活を改善して解消する方法がありますが、ほかにも医療機関に相談して、適切な薬を処方してもらったり、実際に治療を受けたりすることができます。これらの女性の薄毛について、当サイトでは紹介しているので、気になる方はチェックされてみてはいかがでしょう。